--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/23.Thu

オビツの軸を太らせる

※今回の記事中に、ドールの素体画像があります、苦手な方はご注意ください。





オビツボディ23SBHの腕が抜けやすかったので、軸を太らせて抜けにくくすることにしました。
ほんの少し手を加えるだけですので、改造というほどのことはありませんが、一応ボディに手を加えることになりますので、もし挑戦される場合はあくまでも自己責任でお願いいたします。


まずは用意するもの。
0093
ゼリー状の瞬間接着剤とつまようじ、だけ。
木工用ボンドや液状の瞬間接着剤などを使う場合もあるようですが、今回自分が選んだのはゼリー状のもの。
理由は簡単、家にあったから・・・。



それでは開始。
0094
まずは着用していた服を脱がせて、裸にします。(言葉にするとなんかエロぃ・・・)
そして、両腕をスポンスポンと抜いて、ボディから外します。
頭は着けたままでも問題ないと思いますが、自分は写真を撮るために一応外しました。
ちなみに、首の部分の黄色いのはマスキングテープで、頭がぐるぐると回らないようにするために貼っています。
これも一種の軸を太らせる、というのと同じことですね。
参考にさせて頂いたブログさん「A cat has nine lives.」さん。
アゾンのえっくす☆きゅーとシリーズをメインに、とっても可愛らしい写真を撮られていて、いつも楽しませてもらっています。



軸を太らせる。
0095
瞬間接着剤を軽く押して、ほんの少しポコッと飛び出した部分をつまようじですくい取ります。(感じ的には半滴くらい)
それを腕のボディ本体に差し込む部分に、3ヶ所ほどに分けて「ポチ ポチ ポチ」とつけます。
一箇所に多く付いてしまった場合は、もう一度つまようじですくって、別の場所につけてください。
あまり神経質に均等にこだわることは無いと思います。

そして接着剤を付けたら、その状態のまま、あまり手の触れないような場所に置いて乾燥させます。
できれば丸1日は乾燥させたほうがいいと思います。
万が一、半渇きの状態で差し込んでしまったら、もう2度と抜けなくなりますから・・・。
ここは一番注意して欲しいところです。



完成。
0096
完全に乾いたら、差し込んで、ぐりぐりと動かしてみてチェック。
もしまだ緩いようでしたら、もう1度同じ工程で、さらに軸を太らせてみてください。
逆に、硬すぎて回りにくくなってしまったという場合は、紙やすりなどで太らせた軸を少し削ってあげれば良い感じになると思います。
今回自分は1回だけ太らせましたが、緩くも無く硬くも無く、非常に良い感じに出来上がりました。
ただ、右腕よりも左腕の方が少しまだ緩い感じがしますので、もう1度やってみてもいいかもと思ってます。



頭をつけて、スク水を着せて?
0097
「ちいか、どう? 腕の具合は?」
ちいか「う~ん、まだ良くわかりませんけどぉ~・・・でもぉ~・・・、どうしてスク水なんですかぁ~?」
「あぁ、いやぁ~、腕の感じがどんな感じか、見て良く分かるようにと思ってね。 まぁノースリーブの服でも良かったんだけど、スク水のほうが好きな人多いかなぁ~と・・・」
ちいか「ぁぅぅ・・・・・」
「とりあえず、腕をうごかしてポーズとって見てよ^^ できれば力強い感じのポーズがいいかな^^」



ハイ! ポーズ!?
0098
ちいか「こ・・・、こんな感じでどうですかぁ~?」
「うん、良い感じだよ・・・(けど何だろう、この古臭い感じは・・・?)」



はるみと一緒に。
0100
「今度はこのフィギュアと似た感じの躍動感のあるポーズをお願い」
ちいか「こ・・・こぉ~んな感じでどうですかぁ~?」
「うんうん、雰囲気はとっても出てるよぉ~」

さすがにオビツボディとは言え、フィギュアの複雑なポーズをそっくりそのままマネるのは難しいですね。



最後は可愛く。
0099
ちいか「ふぅ~、ちょっとがんばりすぎて少し疲れましたぁ~・・・」
「今日は一日ご苦労様^^」
ちいか「ふふ、おやすいごようですよぉ~^^ 体の調子が良くなるのはいいことですからぁ~^^ でも・・・お胸が据え置きだったのがちょっと残念ですぅ~・・・」
「あ・・あは・・・あははははは・・・・・、甘いもので許してください orz」(今度は体の軸を太らせる!?)



ということで、オビツボディ23SBHの腕の軸を太らせてみました。
結果は、以前よりかなり抜けにくくなりました。
ただ、まだ気持ち緩い感じもするので、もう1度くらいやってもいいかな、と思っています。
簡単な改造ですので、もし腕が緩くてすぐに抜けてしまって、「ストレスたまるぅー!」 という人はチャレンジしてみる価値はあると思います。
スポンサーサイト
1/6ドール | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
やっぱり瞬着ですよね~。
自分はせっかちなので「硬化剤スプレー」使っちゃいます(w
待つのイヤなんですよwww

ちいかさんが「あくしょんぽーず」を!!
フィギュアのポーズは再現難しいですよね。
たまにありえない方向に曲がってたりしますから(w

コメントありがとうございます
thieriさん

>>自分はせっかちなので「硬化剤スプレー」使っちゃいます(w

おおっ! こんな便利なものもあるのかぁっ!
まぁでも自分はまったり派なので、いいかなw


フィギュアはそれ自体で既に完成されてますからねぇ。
でもやっぱり自分で好きなポーズをとらせることが出来るドールの方が、写真を撮ってて楽しいんですよねぇ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。